公益財団法人長野県産業振興機構

文字サイズ
背景色

小中学生に、ものづくり体験を通じ電子工作への関心を深めてもらう!

活用した補助金・支援制度等

人材育成事業(子供科学技術教室)

企業の現状及び支援の経緯

地域の企業は、全般的に次世代を担う技術者が不足している状況です。また、地域の企業を知る機会も少なく、人材確保にも困っています。そのため、子どもたちに科学に興味を持ってもらい、また地域の企業を知る機会が必要でした。そんな折、子供科学技術教室の企画相談があり、地域の企業等と連携し、技術的なサポートや支援金という形で支援をすることで、子どもたちの科学への理解を深め、また地域の企業を知る機会になればと思い、支援することになりました。

実施した支援内容

地域の子どもたち(小・中学生)を対象に、ものづくりの楽しさを味わい、想像力を養う『子ども電子工作ワークショップ』をの開催に協力しました。地域企業のボランティア技術スタッフや大学生、高校生等と共に事業を運営しました。主催者や共催、協賛等の関係者と連携し、企画・準備段階から当日のボランティア技術スタッフまで、一貫したサポートを行いました。

開催日)令和4年9月19日

開催場所)長野県佐久創造館

主催)サクモ佐久市子ども未来館、コリンズエモーション、β デザインプロジェクト

共催)佐久市立中央図書館

協賛)株式会社タク技研、一般社団法人 日本医療福祉デザイン協会、株式会社アクリルエイト、小林建設工業株式会社、マイクロコントロールシステムズ株式会社、名花株式会社、公益財団法人長野県産業振興機構 上田センター

協力)布子会

支援の結果及び今後の展開等

【メッセージが入った、『ききじょうず』】

『子ども電子工作ワークショップ』は、長野県佐久創造館にて小・中学生13名と保護者の方に参加いただきました。マイク、アンプ、イヤホンなどを使って、はんだ付けや組立てをし、小さな音もしっかりと聞こえる集音アイテムを製作しました。それぞれ2個つくってもらい、参加者の祖父母の敬老の日のプレゼントとして持ち帰ってもらいました。また、高校生等のボランティアには予備分を製作してもらい、佐久市内の図書館に寄贈し、高齢者等の朗読会に使用していただいています。

ワークショップ開催冒頭には、子どもたちに協力企業等の紹介をし、地域の企業を知ってもらえる機会となりました。子どもたちやその保護者からご好評をいただいておりますので、次年度以降も子供科学教室を継続していく予定です。

担当部署

公益財団法人 長野県産業振興機構 上田センター

〒386-8555 上田市材木町一丁目2番6号(上田合同庁舎 4階)

[TEL] 0268-23-6788 [FAX] 0268-23-6673

[Email] nice-ueda (at) nice-o.or.jp ※(at)は@に置き換えてください

支援を受けて

<参加した子どもたちの声>

・学校での技術の授業みたいで楽しかったです。元々、何かを作ることは好きでしたが、今回を通してもっと色々な物を作ってみたいと思いました。(ありがとうございました。)

・家ではなかなかできないことができ、貴重な体験ができて楽しかったです。

・会社の人達に色々教えてもらったので、ありがとうございます。むずかしいことも楽しいこともあったからまたやりたいです。

・おじいさん、おばあさんの生活が良くなる活動はとても大切だと思いました。

<主催者代表>

今回、佐久市内や近郊の企業の皆さんが、それぞれの技術を使って、オリジナルの集音アイテムがつくれるように、材料を用意してくれました。ものづくりの体験とともに、ものづくりをしている人達と出会うことも、こども達にとって、とても有意義な体験になると考えています。現代のこども達には、この様な活動が必要だと思いますので、引き続き、ご支援いただけますと幸いです。

サクモ佐久市子ども未来館 館長 島崎 直也

事例一覧に戻る

私たちにご相談ください