公益財団法人長野県産業振興機構

文字サイズ
背景色
  • ホーム
  • インフォメーション
  • 『NAGANO航空宇宙産業クラスターネット活動報告会』、『航空機電動化・次世代エアモビリティ事業 第2回セミナー』ご案内

『NAGANO航空宇宙産業クラスターネット活動報告会』、『航空機電動化・次世代エアモビリティ事業 第2回セミナー』ご案内

お知らせセミナー・講座

更新日:2022.08.02

NAGANO航空宇宙産業クラスターネット活動報告会

 NAGANO航空宇宙産業クラスターネットは、昨年度の活動報告と今年度の活動計画をお知らせする会を開催します。併せて、多摩川精機(株)様、三菱重工業(株)様から講師をお招きし、バイヤーのお立場から会員の皆様への期待についてご講演いただきます。

日時

令和4年8月24日(水曜日) 13:15~14:55

参加方法

・会場参加(30名)
   産業振興と人材育成の拠点 「エス・バード」 B棟2階 会議室(B201/202)
   (〒395-0001 長野県飯田市座光寺3349-1)
・オンライン参加(定員100名)

内容

〇基調講演

・「装備品メーカーから見た民間航空機産業の今後の展望とクラスターネットへの期待」   

 多摩川精機株式会社 取締役本部長 瀧川 整 様

・「『民間航空機 構造品サプライチェーン』~航空機需要回復期に向けた準備~」

 三菱重工業株式会社 民間機セグメント 営業推進部 主幹部員 藤川 剛 様

○クラスターネットの昨年度活動報告と今年度の活動計画

 長野県 産業技術課 航空機システム産業振興拠点マネージャー 中田 行彦

○クラスターネット会員紹介

 会員企業(2社)

○その他

 ・「経済安全保障 ~技術情報の流出防止~」

  長野県警察本部 警備部警備第一課

主催

NAGANO航空宇宙産業クラスターネット共同事務局

(長野県、(公財)長野県産業振興機構

 (公財)南信州・飯田産業センター、NPO諏訪圏ものづくり推進機構)

    

航空機電動化・次世代エアモビリティ事業 第2回セミナー

新たな市場として注目される「ドローン」「空飛ぶクルマ」等の「次世代エアモビリティ」や、将来的な「航空機電動化」も見据え、地域事業者の意識啓発、今後の事業展開の促進を促すべく、本セミナーを開催します。

日時

令和4年8月24日(水) 15:05~16:45

参加方法

・会場参加(30名)
   産業振興と人材育成の拠点 「エス・バード」 B棟2階 会議室(B201/202)
   (〒395-0001 長野県飯田市座光寺3349-1)
・オンライン参加(定員100名)

内容

①「航空機電動化における政府の取組について」

  経済産業省製造産業局航空機武器宇宙産業課課長補佐 岩永 健太郎 様

②「電動化における課題と可能性(仮)」

  JAXA航空技術部門 電動ハイブリッド航空機チーム チーム長 西沢 啓 様

③「電動航空機開発の最新動向と日本の取組」

  住友精密工業株式会社 技師長(飯田工業技術試験研究所環境試験 部門長) 高橋 教雄 様

主催

公益財団法人南信州・飯田産業センター

共催

NAGANO航空宇宙産業クラスターネット共同事務局

(長野県、(公財)長野県産業振興機構

 (公財)南信州・飯田産業センター、NPO諏訪圏ものづくり推進機構)

定員

会場参加 30名(先着順) オンライン参加(MicrosoftTeams)    
尚、新型コロナウイルス感染症の感染状況により、全てオンライン参加に変更する可能性があります。

申込方法

8月22日(月)までに下記申し込みフォームからお申込み下さい。
(申込後に確認メールが自動配信されます)




<お問い合わせ先>公益財団法人長野県産業振興

         次世代産業部 航空機産業支援センター(担当:原田、櫻井)
        TEL:026-217-1634
        e-mail :aerospace(★)nice-o.or.jp
※迷惑メール防止のためメールアドレスのアットマークを(★)と表記しています。
       恐れ入りますが、送信の際には(★)部分を@に変更してお送りください。

〔お申込みの皆様へのお願い〕
※ オンラインはMicrosoftTeamsを使用します。参加方法は別途、メールにてご案内いたします。                 ※Wi-Fi環境など高速通信が可能な、電波状態のよいところでのご参加をお願いいたします。
※ 本申込書にご記入いただいた情報は、当講演会の登録以外の用途には使用しません。
※ 活動報告会及びセミナー(MicrosoftTeams)における資料、動画および音声等に係る権利は著作権法によって保護されており、資料等の複製、転載、配布等の一切の行為は、禁止されています。

一覧へ戻る