公益財団法人長野県産業振興機構

文字サイズ
背景色

航空機産業振興 ニーズ・シーズマッチングのご案内

お知らせセミナー・講座

更新日:2023.01.25

長野県では航空機産業振興ビジョンを平成28年に策定し、航空機システムの研究開発支援を行っています。県内の航空機産業参入企業および参入を目指す企業から要望があったニーズについて、中部大学がもつ研究シーズを発表していただき、産学共同研究開発のきっかけつくりと国や県の競争的資金獲得等の支援につなげるためのニーズ・マッチングを行います。航空機システム分野の研究シーズに関心のある皆様、ぜひこの機会にご参加ください。

日時

令和5年2月17日(金) 13:30~ 15:40

開催形式

ZOOMによるオンライン開催 

内容

13:30~13:35 オープニング

13:35~14:15 シーズ発表①

  テーマ 「ファイバープレイスメント、多機能複合材料、スマート構造」 

  中部大学 工学部 宇宙航空理工学科 教授 池田 忠繁 氏 (工学博士)

航空機の低コスト化と生産性の向上を可能にする製造技術として近年注目されている炭素繊維強化熱可塑プラスチックの自動積層技術、刺しゅう機を用い炭素繊維や機能繊維を曲線的に任意の方向に配置することにより、軽量で、適切な強度・剛性および機能を備えた次世代の多機能複合材料の創成、将来の航空宇宙機構造として期待されている、状況に応じて性能や形状が自在に変形するスマート構造やモーフィング構造について概説する。

14:15~14:55 シーズ発表②

  テーマ 「垂直離着陸型無人航空機の空力特性・飛行特性」 

  中部大学 工学部 宇宙航空理工学科 教授 棚橋 美治 氏 (工学博士)

公共交通機関によるアクセスが不便な地域や被災地等に、滑走路を必要とせず、迅速且つ費用対効果の高い物資輸送及び情報提供ができる垂直離着陸型の固定翼電動無人航空機(eVTOL)の開発に伴う要素研究を行っている。クワッドコプタによる垂直離着陸モードから固定翼による水平巡航モードへのティルトロータ式姿勢制御と検証、Li-Poバッテリーに太陽電池補充を想定した機体の諸元策定、空力特性、飛行特性等につき、その取組み状況を紹介する。

14:55~15:35 シーズ発表③

  テーマ 「電動化に関する動向とモータ制御技術の紹介」 

  中部大学 工学部 電気電子システム工学科 講師 松本 純 氏 (工学博士)

航空機分野においても注目されている動力源の電動化に関して、この根本を担うモータ、電力変換器、制御システムの構成について紹介する。特に小形化および高出力化の観点から注目されている永久磁石同期モータを高効率駆動するために必要な技術を紹介する。また、発表者が専門とするモータ制御における技術的な課題の一つである、高出力駆動時の安定駆動についてもその動向や提案法について紹介する。

15:35~15:40 閉会

定員

50名

申込方法

以下の申込フォームからお申込みください。   申込締切日  2月13日(月)

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_-G-qtNj_S0Sgy_uAd1TXog

申込フォームに登録後にお申込みのメールアドレスに視聴用URLをご案内します

募集案内

主催・共催

主 催: 公益財団法人長野県産業振興機構

共 催: NAGANO航空宇宙産業クラスターネット

問合せ先

メール: aerospace@nice-o.or.jp

 公益財団法人長野県産業振興機構 次世代産業部 航空機産業支援センター宛

 TEL 026-217-1634    担当:原田、木下

一覧へ戻る