公益財団法人長野県産業振興機構

文字サイズ
背景色

DTF国際ワークショップ2022 in諏訪 ~欧州&東南アジアの最前線~

お知らせセミナー・講座

更新日:2022.09.16

DTF国際ワークショップ2022 in諏訪 ~欧州&東南アジアの最前線~

   令和4年10月12日(水) 13:00(受付)~17:05
   テクノプラザおかやIT支援室+オンライン(Zoom)
       長野県岡谷市本町1-1-1   Tel:0266-21-7000
定 員 : 会場 30名(先着申込み順)+オンライン 50名
参加費 : 無料

 

 世界の最新テクノロジーに係わる技術開発動向やビジネス展開の最前線を把握し、国際的なビジネス展開を図るため、海外の専門家や企業の方による国際ワークショップを企画しました。
 本年は欧州からドイツ及びスイスの最新の状況をご講演頂くとともに、東南アジアからタイの最新の状況をご講演頂きます。
 今回の国際ワークショップは諏訪圏工業メッセ2022の関連イベントとして開催しますので、多くの方のご参加をお待ちしております。

 

〔プログラム〕

         日本語の講演になります。
         ※プログラムは、予告無く変更される場合があります。予めご了承願います。

No時間プログラム
1.13:00受付開始
2.13:50~14:50講演1:「ドイツNRW州が提案するインダストリー4.0への 
          IT技術の活用に関する新たなアプローチ」
  (株)エヌ・アール・ダブリュージャパン  
     ビジネス・ディベロップメント&リサーチ
             シニアマネージャー     杉崎 竜二 氏 
3.14:50~15:00休憩
4.15:00~15:50講演2:「ポストコロナのタイビジネス環境」
  (株)八十二銀行 バンコク駐在員事務所  所長   竹重 忠広 氏
5.15:50~17:00講演3:「西洋のスイスから東洋のスイスへ
               ~産業・経済の現況と展望~」
  SCHNEEBERGER  HOLDING AG  副社長    ブラウン 明子 氏
  Swisstulle AG   取締役製品開発部長   Lisa Nuenemann 氏
  Asyril AG      最高経営責任者(CEO)   Alain Coudrey 氏
6.17:00~17:05閉会あいさつ
     主 催 公益財団法人長野県産業振興機構 / DTF※研究会 ※DTF=DESK TOP FACTORY
     共 催 諏訪圏工業メッセ2022実行委員会 / NPO諏訪圏ものづくり推進機構


〔講演概要〕

【講演1】[ドイツ]
 インダストリー4.0を牽引するドイツ最大の産業州NRW州は、産学が共に生産現場へのIT技術の活用に関する新たなアプローチに取り組んでおり、今回、アーヘン・フラウンホーファー生産技術研究所(IPT)の例等を上げ、製造におけるAI/5Gの活用などを紹介します。

 

【講演2】[タイ]
 製造業を中心に多くの日系企業が進出するタイは、コロナ禍を脱し経済の回復を見せつつも、新たな課題にも直面しています。最新の日系企業動向や自動車業界の動向等を中心に、現況や今後の見通しについて講演します。 

 

【講演3】[スイス]
 日本企業のスイスへの投資やスイス企業との連携等をはじめとするスイスの産業・経済の近況を報告するとともに、スイスの企業経営者より繊維産業や精密産業の将来展望及び日本市場での将来展望について講演します。

 

〔パンフレットはこちらから〕

〔お申込み・お問い合わせ〕

  公益財団法人 長野県産業振興機構 諏訪センター(担当:小林)
  〒392-8601 諏訪市上川1丁目1644-10(諏訪合同庁舎内)
     TEL:(0266)53-6000  
     E-mail:kobayashi-takahiro(★)nice-o.or.jp
  (迷惑メール対策のため、@を(★)に置き換えてあります。
   メールを送られる際は(★)を@に置き換えてお送りください。)

  令和4年10月5日(水)までに下記申し込みページにてお申し込みください。

〔お申込みの皆様へのお願い〕
※ 参加票は発行いたしませんので、お申し込み後は当センターから特段の連絡が無い限り、
  当日会場までお越しください。
※ オンライン参加の方には前日までにZoom招待メールをお送りいたします。
※ 開演前に接続及びオーディオの設定をご確認下さい。
※ 接続トラブルに関しては、基本的に対応できませんので、ご了承ください。
※ 複数人での参加される場合は複数名での申し込みをお願いします。
※ 講演会の資料、動画および音声等に係る権利は著作権法によって保護されており、
  複製、転載、配布等の一切の行為は禁止されています。

以上

一覧へ戻る