公益財団法人長野県産業振興機構

文字サイズ
背景色

円筒・内面研削の高精度探究による事業再構築

事業者名

株式会社メイユー

事業内容

精密部品加工、組立

事業者データ

  • 代表者/小池淳一
  • 所在地/茅野市金沢2850番地1
  • 従業員数/47名
  • 連絡先/0266-79-5603
  • URL/https://www.meiyuu-kk.co.jp/

活用した補助金・支援制度等

事業再構築補助金(経済産業省)

企業の現状及び支援の経緯

同社は、1987年に有限会社メイユーとして設立後、本社移転や工場新築、株式会社への商号変更等を経て現在に至っています。現代表取締役の小池淳一氏は2008年から現職に就任しています。
事業内容は、精密部品の加工、組立。半導体、自動車、医療、食品、産業用機械など様々な分野に向けて、精密加工部品や装置組立、治工具や試作品の製造を請け負っています。多品種少量生産に特化し、顧客ニーズを踏まえた最適な加工・組立方法を提案し、顧客から高い評価を受けています。
昨今は、主に製造装置関連の顧客から、研削加工の高精度化が求められていることから、当該ニーズに対応できる設備の導入に向け、事業再構築補助金への申請を検討していました。

【株式会社メイユー本社工場】

実施した支援内容

【導入したジグ研削盤】

当機構は、商標出願で同社を支援していた長野県発明協会からの紹介を受け、支援を開始しました。事業再構築補助金へ申請する事業計画の策定にあたり、当機構は認定経営革新等支援機関として、事業再構築指針への合致、SWOT分析、設備導入の目的の明確化、想定顧客・市場規模といった事項の確認を伴走支援しました。
無事に採択され、ジグ研削盤と円筒研削盤が導入された後は、当該設備を用いた人材育成や営業活動の高度化を目指しての取組を提案しました。工業技術総合センターの担当部署の方々との検討の場を設け、まずは円筒研削盤へ同センターのIoTキットを取り付け、稼働データの利活用を図ることとしました。

支援の結果及び今後の展開等

設備の導入により、既にこれまでできなかった加工の依頼が来るようになっています。また、IoTキットによる設備の稼働状況や、研削盤を利用した加工の動画などのデータも蓄積されてきています。
今後、同社ではこれらを活かして、
・更なる受注拡大のための営業活動の強化
・人手不足の状況下で、誰が担当しても、同様の高精度な加工ができるよう、蓄積した動画を活用して人材育成を実施
・研削盤の稼働データを利用した営業活動
などに取り組んでゆきたいと考えています。

【導入した円筒研削盤(IoTキット導入後)】

参画機関

一般社団法人長野県発明協会

担当部署

公益財団法人長野県産業振興機構 経営支援部

〒380-0928 長野市若里1-18-1(長野県工業技術総合センター3階)
[TEL] 026-227-5028 [FAX] 026-227-6086
[Email] keieishien [at] nice-o.or.jp
※[at]は@に置き換えてください

支援を受けて

事業再構築補助金への申請に当たり、客観的に自社を分析し、事業計画書の記載内容へ落とし込んでゆく過程は難しく、側面的にご支援をいただき大変ありがたかったです。今後も、一層の多品種少量、高精度加工に取り組んでまいりたいと考えております。ご支援・ご協力をお願いいたします。

代表取締役 小池淳一

事例一覧に戻る

私たちにご相談ください