公益財団法人長野県産業振興機構

文字サイズ
背景色
  • 開発をしたい
  • 新産業創出・経営革新事業

信州機能性食品開発研究会(伊那センター)

本研究会は平成13年度に設置された信州大学大学院農学研究科「機能性食料開発学専攻」の全面的なご支援を得て平成14年3月に発足し、新たな時代に対応した機能性食品を産学官連携により研究開発することを目的として活動をしています。

<研究会の事業内容>

  1. 会員の希望する食料の保健機能に関する信州大学での可能性試験の実施
  2. 機能性食品に関する講演会やシンポジウムの実施
  3. 機能性成分の探索や機能性食品の開発などに関する相談や共同研究・受託研究等のコーディネート
  4. 信州大学農学部の有する研究シーズの紹介
  5. 会員相互および信州大学研究者との交流

研究会組織(H31.6現在)

会長   井上 修 伊那食品工業(株) 代表取締役会長

専務理事 藤田智之 信州大学 学術研究院(農学系)農学部長 教授  

会員数   45

会費   企業会員      年額  20,000円

機能性食品・セミナーの画像
機能性食品・セミナー
情報交換会の画像
情報交換会

お問い合わせ

信州機能性食品開発研究会事務局 信州大学農学部 内

電話  0265-77-1648   FAX 0265-77-1644

e-mail shinshu-kskk@shinshu-u.ac.jp

他の支援メニューをお探しですか?

コーディネート活動事業(長野センター)

新産業創出・経営革新事業
はてなアイコン 詳細

技術開発・研究開発に取り組んでいる地域企業や大学、研究機関等をコーディネータが積極的に訪問し、新技術・新商品開発、販路開拓等を促進する。

はてなアイコン 詳細

技術開発・研究開発に取り組んでいる地域企業や大学、研究機関等をコーディネータが積極的に訪問し、新技術・新商品開発、販路開拓等を促進する。

材料研究会(諏訪センター)

開発をしたい新産業創出・経営革新事業
はてなアイコン 詳細

競争力ある「ものづくり」を達成するためには、材料についての深い理解が必要である。その特性を最大限に活用するためにの研究開発に取り組む。

はてなアイコン 詳細

競争力ある「ものづくり」を達成するためには、材料についての深い理解が必要である。その特性を最大限に活用するためにの研究開発に取り組む。

私たちにご相談ください